雨上がりの空に架かる虹

ジャニーズJr.祭り初日

私は1番好きな誰かがいるわけではなかったから、見たい子多すぎて目が迷子になりまくった結果、何も覚えてないな…みたいな自分にモヤモヤしてて、拡輝が抜けてからのトラジャの現場が初めてだったから現実を見る悲しさもあり、あとまだやっぱりLove-tuneを見るのが、、なんだかな……みたいになったり、No way outをLove-tuneとして歌っていることもなんだか違和感を感じてしまい素直に喜べなかったり…


作間くんは相変わらず素敵だったし、久しぶりに楽しそうに踊っている根岸くん見られたのも嬉しかったし、何よりTravis Japanはやっぱり最高だったし…!!!

登場曲が「情熱の一夜」って!もう!本当!天才かよ!!!


なのに、初日が終わったあとモヤモヤしてしまったんだよね。


別に何が悪いわけじゃなくて、何が好きで何を見たいの??って自分がわからなくなって。


そんな気持ちで私の祭り1回目は終わったんだけど、2回目は横アリ最終公演。


の、前にステナビの早売りを読んでから望んだ公演だったから見る気持ちも少し違ってたっていうのもあるんだけど…


なんか、この公演で全てを受け入れられた気がしたんだよね!


やっぱり自分の中で1番引っかかっていたのが、なぜ顕嵐くんはTravis Japanを抜けてLove-tuneになってしまったのか…ってことだったんだと思う。


私がTravis Japanっていうグループを好きすぎるから、抜けて欲しくないって気持ちが強すぎて、どうしてこうなったのかはわからないけど、顕嵐くんが決めたことではなく、大人が決めたことだったんじゃないか…って思い込んだりもしてたけど、

でもLove-tuneの顕嵐くんを見てると、やっぱり心のどこかで“顕嵐くんは自分でこの道を選んだんだろうな”って思う部分もあって。

その正解は一生わからないだろうと思ってたから、余計にモヤモヤしてたんだと思うけど…


でもその答えをこんなにも早く、トラジャが雑誌で教えてくれた。(そんな彼らだからやっぱりトラジャのことが好きなの)


それでなんか全てが腑に落ちたというか。


結構ずっと、Love-tuneとしての顕嵐くんを見るのしんどかったんだけど、この日は違った。

顕嵐くんを久しぶりにまっすぐ見ることが出来た気がする。


顕嵐くんすごく堂々と、のびのびとステージでパフォーマンスしてた!

“ああ、彼がなりたい姿はこういうことだったんだな。”ってすごく納得できた。

というか、初めてこの姿が顕嵐くんには合ってるって自分の中で思えたの!

今までの顕嵐くんを考えてみても、彼の憧れとか目指す方向とかが形になってるのかなって。


そう考えたら、Travis Japanが目指す方向とはやっぱり違ったかなって。

(Travis Japanの中で可能性を広げて、夢を叶えて欲しかったけどね…)

だから、顕嵐くんの選択を受け止めることが出来た。


滝翼コンで感じたTravis Japanにいる顕嵐くんに対する違和感も、なんか今になってわかった気がする。


良い意味で今の顕嵐くんのことを受け入れることができたの。やっと。


でもまあ…その上でやっぱり、もう顕嵐くんを1番に応援することはないかなって改めて思いました。


あと、この日感じたことがもう1つ。

Travis Japanの著しい進化!


9人でも8人でもパフォーマンスした「supernova」は思い出が詰まりすぎていて、初日に7人を見たときは正直心が苦しくて泣いてしまった。いろんな思いが出てきてしまって集中してパフォーマンスを見れてなかったのたぶん。


だから、2回目に見たときにびっくりした!

か……かっこいい!!!!!!!って。

いや本当、トラジャかっこよすぎて鳥肌たったもん。


サマステで何回も生で見て興奮したし、少クラのパフォーマンスもかっこよくて大好きだから何回も見ているのに、それとは違う、、確実にブラッシュアップされてるsupernovaがそこにあって、、しめちゃんのいた初日にそれを感じなかった自分バカだなと思うけど←


拡輝がいなくなったこと、前向きに捉えたいし、拡輝が決めたことなら応援するって思ったし、拡輝が行くなら間違いない!って思うようにしてるけど(思ってるけど)、やっぱりすっごく寂しくて…って気持ちで過ごしてたけど、そんなことを感じさせない、、なんか本当に彼らのパフォーマンスが圧倒的すぎて言葉でなかった。


この人たちやっぱり凄いわ。ってただただ感動した。

これからのTravis Japanはきっともっと強くなる!って確信した。

Travis Japanは変わった。だけど、変わらない。

私はやっぱりTravis Japanのパフォーマンスが凄く好きです。


初日に目が迷子になりまくって、やっぱり担当がいるって大事なことだわ。って改めて思ったんだけど、まだその答えは出ていなくて、、


でも!

私の中で半年くらい引きずっていたらぶとら問題がアイランドと祭りを経て、すっきり成仏できた。

とても意味のあるコンサートでした。


やっとちゃんと前を向けた気がする!


次はね、やっぱり担当と呼べる人が欲しいなって思うね!笑

それは無理やり見つけるもんじゃないと思うから、この人だ!!って思う人が出てくればいいな〜って思います(^^)


これからもとりあえずTravis Japanの現場には積極的に足を運ぶし、全力で応援していきたいとは思っております!!