2016年

ずっと自分の気持ちをどこかに書こう書こうと思ってたら、大晦日になってた。

とりあえず、形に残しておきたいって急に思ったので、今の気持ち残しておきます。ただの独り言です。


2016年はオタク人生で1番苦しんだ年だったかもしれないな。


2016年の幕が開いて、年明け早々、あらんちゃんのうちわを持って滝翼コンに行った。メインバックとして9人揃ったトラジャを見られたことが本当に嬉しくて楽しくて、終わって間もなくして今度は9人揃ってTravis Japanとしてクリエ単独公演!!
さらには夏のEXにも9人揃って出演が決まって、本当に嬉しくて幸せだな〜って思ってた。このままずっとトラジャ9人の活躍を見ていけると思ってたから……

思ってもいなかった展開に戸惑いしかなかった。

クリエのLove-tuneの公演にあらんちゃんが出たと知った時、はじめは「え〜まじかよwwなんでwww」ぐらいな気持ちでしかなかったけど、、らぶクリエを見られてないから何とも言えないけど、Love-tuneの公演を見た人たちがしきりに顕嵐くんがかっこよかったと言っていて、なんだかちょっと寂しくなった。

でもその時はまだ夏の9人での現場も決まってたし、本当に加入したのかよくわかんなかったし、したとしても掛け持ちかなー?ぐらいに思ってたから笑えてたけど、いつしかあらんちゃんが雑誌のトラジャのページからいなくなった。
Love-tune阿部顕嵐はいるのに、Travis Japan阿部顕嵐はいなくなった。
突然、現実を突きつけられて頭が真っ白になった。
途端にサマステのトラジャ公演にあらんちゃんがいなかったらどうしよう…って不安になった。

そんな中、少クラでらぶクリエで披露したFIRE BEATが放送された。
久しぶりのあらんちゃんのホール出演!
なのに、素直に喜べない。

FIRE BEATのあらんちゃんが「帝王」と騒がれるのが嫌だった。

かっこよかったよ。すっごくかっこよかった。久しぶりの出演も嬉しかった。
なのに複雑。
Love-tuneとしてのあらんちゃんが認められていくのが悲しかった。

次第に、あらんちゃんはLove-tuneの一員と認識され始め、トラジャを抜けたと思わざるをえない状況になっていった。

Love-tuneを全然受け入れられないまま、だけど私は顕嵐担だから出るかどうかわからないままらぶのサマステに行くことにした。
そこには、らぶのメンバーとしてステージに立っているあらんちゃんがいた。
初めて生で見るLove-tuneのあらんちゃん。
正直、公演内容とかパフォーマンスうんぬんより、やっぱりあらんちゃんは顔が抜群にかっこいい!
それだけで終わった。
なぜならあらんちゃんしか見てないから。
他の人を見る余裕がないというより、見ようと思わなかった。だからLove-tuneというグループが何なのかよくわかんないまま終わってしまった。

そして8月
えびコンのバックにLove-tuneが付くと噂されはじめ、タイミング良くえび担の友達がチケット余ってるから…と誘ってくれたので初日公演に行くことになった。
あらんちゃんはやっぱりLove-tuneとしてステージに立っていた。弾いてるのかよくわかんないギターを持って。←
ずっとあらんちゃんがLove-tuneになったって認めたくなかったけど、Love-tuneのメンバーとして紹介されているあらんちゃんを見て「ああ、あらんちゃんの新しい場所ができたんだな」って、実感してしまった。

らぶを受け入れる為に、もう一回サマステに行ってみたけど、ぶっちゃけ阿部(亮)くんに惚れただけで終わった。←

来たる、トラジャサマステ初日!
不安もあったけど、楽しみで楽しみでしょうがなかった!
幕が開くと、ちゃんとあらんちゃんのいる9人のトラジャだった。もうそれだけで嬉しかった!!

トラジャの登場曲はおなじみのA・RA・SHI!
それだけでブチ上がる!!

からの、まさかのEXで披露されたIt's BAD
イントロが聞こえて固まった。
ずっと願ってた9人でのイツバ。ずっと見たかった9人でのイツバ。もう二度と見られないと思ってたのに、約1年半越しで披露してくれた。
こんな幸せなことない。トラジャがやっぱり好きだ。
堪えきれない色んな思いが溢れ出した。
そのあとのトラジャコーナーのcha cha cha チャンピオン、vanilla、supernova、ワイハ
どれも最っ高だった!トラジャ天才!!好きしかない!!もうこれについてはさんざん夏に語ったから割愛!とにかくどれも最高でトラジャ好きすぎる!!!!最高のサマステだった!!
あらんちゃんがバク転初披露したのもサマステだったね!
かっこよかったよ…!いつの間にできるようになってたんだよ!本当…コソ練するよね〜(^o^)←

サマステロスも癒されないまま、ドリボ初日。
運良く初日に観劇できた。
帝劇で演技するあらんちゃん、すごく新鮮だった。

ドリボ期間中もぶっちゃけずっとサマステロスだった。

あらんちゃんがトラジャからいなくなって、ずっと悲しかった。もやもやしていることを明らさまに出してきてしまった。
私は9人のTravis Japanが大好きだから、もう2度と9人のトラジャを見られないって思いたくなかった。

でも気づいたら、私はトラジャのことが大好きって気持ちは増すけど、あらんちゃんに対してはどうかな…って。
サマステもあらんちゃん1人を必死に見てるというより、トラジャをまんべんなく見たい!!って思ってる自分がいた。
その時から、あらんちゃんへの気持ちはわからなくなってたのかもしれない。

思い返せば、年始の滝翼コンで前年に嵐のドームツアーに帯同した他のメンバーと比べ、なんだかあらんちゃんが劣っていると感じてしまった。
ドームツアーに付かなかったことに関してどうこう思わないけど、あらんちゃんがなんだか浮いている…って感じてしまった。
見ていても不安になるばっかりで、大丈夫?頑張って!って気持ちで見てた。楽しさ以上に心配する気持ちが勝ってた。

サマステ初日も9人であることが嬉しくて楽しくて目をつぶったけど、あらんちゃんだけに関して言えば褒められたものではなかった。
えびコン、らぶ公演、ドリボリハとか沢山の仕事が重なってて大変な時だったと思う。大変なのはわかってる。
だけど、明らかに踊れてなかったり、遅れてたり、ゆっくり移動してダンスの出だしに遅れたり、MC中も参加する気が無さそうな態度……ガッカリすることばかりだった。
私の好きなあらんちゃんはこんな人だったかな?って思ってしまった。
公演初日に完璧なものを見せられないってなに?

好きになってからというもの、知るたびに好きになっていってあらんちゃんを好きでいることが楽しくてしょうがなかったのに、気づいたら…もっと頑張ってよ。みたいな気持ちで見るばっかりになってしまってた。

ドリボの初日もそう。
緊張してるのはすごく伝わってきた。
だけど、私はらぶのメンバーとして戦っていく、あらんちゃんの本気が見たかった。
できてないわけじゃない。だけど、ここで死ぬ気で頑張ってるんだって姿が見たかった。
じゃなきゃ、あらんちゃんがトラジャからいなくなったことを受け入れられないから。

でも、そう思えなかったんだよね。
あくまでも私の主観だから、決してあらんちゃんが頑張ってないわけではなく、私がそれを感じられなくなってしまっただけの話。

ドリボの初日公演を見て、
私は顕嵐くんの顔以外に何が好きなのかな……?
って、わからなくなった。

ドリボは後半にもう1回見たけど、さすがに1ヶ月やってたら変化も進化もするよね。すごく良くなってた。

サマステにしかり、ドリボにしかり、
やっぱりあらんちゃんは最高だわ!!!
って思いたかったんだよね……
でも、その感情が出てこなかった。



私は、あらんちゃんがきっかけでジュニアの世界を知るようになった。
1番最初に好きになったあらんちゃんをずっとブレることなく好きだったし、たくさんの楽しさをくれたのもあらんちゃんだった。

だから、あらんちゃんを好きでいなきゃいけない。あらんちゃんを好きな自分でいなきゃいけない。って無意識に思ってたのかもしれない。

トラジャが少クラに出るようになって、すっごく嬉しかったけど、8人のトラジャを見るのは辛かった。9人でやってたものをすべて8人で披露していて、悲しかった。誰も悪くないのに。

トラジャを見るのも、らぶを見るのも辛いなって思ってた9月。

そんな気持ちのまま、えび座の初日に行った。(またちゃっかり初日に行くw)

8人のトラジャを見たら、無意識にあらんちゃんの影を探しちゃうんじゃないかと、寂しいなって思ってしまうんじゃないか…と思ってた。
けど!全然違った!9人だろうと8人だろうとTravis Japanが最高なことに変わりなかった!やっぱりTravis Japanは最高のグループだな!!って終わった後に思った…!

私、本当トラジャが好きなんだって気づいた。
メンバー全員のことが好きだし、グループとしても最高だと思う。

あらんちゃんがきっかけで知ったTravis Japanを、いつの間にか大大大好きになってた。

今年はグループとして、どんどんまとまっていく、みんなで上を目指していく、そんな気持ちが感じられることがたくさんあった。
本人たちの口からも、グループとして良い感じになってきてるって耳にすることも増えた。

正直、あらんちゃんがいなくなって、グループとしての結束が強まるって、嬉しくもあり複雑だな…とか思ってしまったけど、むしろ、だからこそみんな危機感を感じて強くなったのかもしれない。
9人の時にそうなっていたら今と違う未来があったのかな…なんて思わなくもないけど、だけど今は

Travis Japanを諦めないでくれてありがとう。
Travis Japanを守ってくれてありがとう。
Travis Japanとして戦い続けてくれてありがとう。

っていう気持ちです。

えび座を通して、どんどんTravis Japanへの気持ちが高まって、やっぱり私はこの人たちを応援したい、この人たちの活躍を見続けていきたいって思った。

あらんちゃんのことがどうでもよくなったわけではない。
だけど、今の私の正直な気持ちは、あらんちゃん1人よりもTravis Japanの活躍を願っている。

あらんちゃんのいなくなったTravis Japanは、次に好きな誰か1人を推すというより、全員大好きだし、全員見たいし、全員のことを応援したいって感じで、常に目が足りてない毎日です。

あらんちゃんのことは、嫌いになったわけではない。
だけど、これまでのようにあらんちゃんを1番に応援することは今はないと思う。
あのとき大好きだったあらんちゃんを越えることが今はないから……過去のあらんちゃんに勝るあらんちゃんだと今は思えないから。
楽しそうにステージに立ってるあらんちゃんを見るのが好きだった。
帝王と言われ、曲の最後にshoutするあらんちゃんより、キラキラ笑顔のあらんちゃんが私は好き。

あらんちゃんが悪いわけではない。きっと私の気持ちが変わってしまっただけ。

でも、あらんちゃんにはいつも笑っていてほしいし、あらんちゃんはあらんちゃんの今いる場所で輝いてほしい。

正直いまも明確な答えは出ていない。
だけど
「迷ってる時点で答えは出てるんじゃない?」
「悩んでる時間がもったいないよ!」

お友達に言われた言葉で少し前を向けた。

私はTravis Japanが好きという気持ちは変わりないし、彼らを見てると楽しいし、彼らを応援したい。
その気持ちに今は正直にいようと思う。

とても中途半端な状態かもしれないけど、もう悩んでもしょうがないし、今目の前にあるものを楽しもうって思う。

話は変わるけど、私はずっと嵐の相葉くんのファンでもあるんだけど、今まで相葉くん以外に担当と呼ぶほど好きになる人はいなかったし、相葉くんのことをどうでもよくなることもなかったし、担降りとかも経験したことがなかった。
そんな中で、新たに好きになったのがあらんちゃんだったわけで……

だから、好きな気持ちがブレるってことがオタク人生で初めてだったんだよね。

相葉くんのことを常に変わらず全力で応援できてたかと言えば、そうではなくなってきてると思うけど、だけどやっぱり相葉くんを見るといつも「ああ、やっぱり私はこの人のことが大好きだ」って思える。
好きを更新し続けるというより、安定して好きでいるって感じ。

あらんちゃんの事で悩みまくってるときも、1番に頭に浮かんだのが相葉くんだった。
苦しいし悲しい、、相葉くんに会いたい。
いつも元気をくれる相葉くんに会いたい。
みたいな気持ちになってた。気持ち悪いのは知ってる。

ジュニアの沼に落ちて、わりともう嵐はフェイドアウトしてくかな?と思ってたけど、むしろいろいろあって一周して、自分が相葉くんのことすごく好きなんだなって改めて気づいた年でもあった。

そんな相葉くんが、1人で紅白の司会だもんな。
すごい時代がきたよね。


文才ないから、脈絡のない話をダラダラと書いただけだけど、今年はすごく悩んだ年だったから、今の自分の気持ちをどこかに残しておきたいって思ってたのを2016年最後の日にとりあえず残しました。

結局なんなの?って感じだけど…
不愉快かもしれないけど、これからは適当にジャニーズファンやります。って感じです。

義務ではなく、行きたいと思うところに行って見たいと思うものを見る。自分が1番楽しいと思えるジャニオタをやっていこうと思います。
また、あらんちゃん♡あらんちゃん♡って騒いでるかもしれません。未来のことはわかんないから!


2016年はトラジャ担のお友達も増えて、すっごく楽しかった!
ずっと一緒に嵐を見てきたお友達と久しぶりに嵐コンに行って原点回帰もした!

来年はどんな年になるかな(^O^)
楽しくやっていたいと思います…!

2016年、こんな私と仲良くしてくれた皆様
本当にありがとう!